学校関係者評価

東城看護専門学校は、2020年3月31日の「2019年度東城看護専門学校 学校自己点検・自己評価報告書」の結果をもとに、学校関係者評価を実施いたしましたので、以下の通り報告いたします。

Ⅰ.東城看護専門学校は、2020年3月31日の「2019年度東城看護専門学校 学校自己点検・自己評価報告書」の結果をもとに、学校関係者評価を実施いたしましたので、以下の通り報告いたします。

領域 大項目 大項目平均点 中項目 中項目平均点
教育理念・教育目的 3.8 ①適切な教育理念・教育目的を定める 3.8
教育目標 3.8 ②適切な教育目標を定める 3.8
教育課程経営 3.2 ③教育経営者の活動を示す 2.8
④適切な科目・単元構成を行う 3.5
⑤適切な教育計画を作成する 3.7
⑥適切な教育過程評価の体系を整える 3.3
⑦教員の教育活動の充実をはかる 2.9
⑧看護実習体制の保障に努める 3.1
教授・学習・評価過程 3.4 ⑨授業内容と教育課程との一貫性妥当性を保つ 3.1
⑩適切な授業の展開過程を展開する 3.6
経営・管理過程 3.1 ⑪目標達成の評価とフィードバックに努める 2.8
⑫学習への動機づけと支援に努める 3.6
⑬東城看護専門学校の意思・指針を示す 3.2
⑭組織体制を整える 3
⑮財政基盤の周知を図る 3
⑯施設設備の整備の充実に努める 2.8
⑰学生生活の支援を行う 3
⑱養成所に関する情報提供を行う 4
⑲運営計画と将来構想を示す 3
⑳自己点検・自己評価体制の活用を図る 3
入学 3 ㉑適性のある入学生の確保に努める 3
卒業・就業・進学 2.8 ㉒卒業生の状況を把握しその評価を受ける 2.8
地域社会/国際交流 3.2 ㉓地域社会の動向を把握する 3.2
研究 3 ㉔教員の研究活動の充実を図る 3
【評価 4:非常に当てはまる、3:かなり当てはまる 2:あまり当てはまらない、1:まったく当てはまらない】

Ⅱ.学校関係者評価の実施について

2020年4月に学校関係者委員(本校では学校関係者、実習施設関係者、卒業生に委嘱)を招聘し、学校関係者評価委員会を開催した。

1.方法

学校側が評価した2019年の自己点検・自己評価の結果について是非を問うと共に、意見および質疑を交わした。

2.結果

今回は、第1回でもあり関係者委員の方々は学校側に対し、疑問に感じられている内容の質問が提示された。学校関係者の意見は有益なものとなった。今後、本校が取り組むべき課題の前に、関係者委員がもっと学校の運営内容を理解できる情報発信が必要であると考えられ、保護者や地域の方々も含め学校の理解をさらに得られるよう努力が必要と考える。

2019年度 東城看護専門学校 自己点検・自己評価
学校関係者評価

評価者\項目
教職員(平均値) 3.8 3.8 3.2 3.4 3.1 3 2.8 3.2 3
学校関係者(平均値) 3.8 3.9 3.4 3.3 3.3 3 2.6 3.2 2.9
【評価 4:非常に当てはまる、3:かなり当てはまる 2:あまり当てはまらない、1:まったく当てはまらない】

3.総括

2019年度から実施した学校関係者評価を、「2019年度東城看護専門学校 学校自己点検・自己評価報告書」の結果をもとに実施した。2019年度より新たに取組んだデジタル教科書導入の学校運営内容を含め、概ね、本校の学校運営について、各評価項目とも大きな教育的課題のご指摘はなかった。
施設の老朽化が進んでおり、今後の重要な課題となるが、教育活動に支障をきたさぬよう、今後も、計画的に施設設備の管理・修繕・清掃や、教育機器・備品等の購入をすすめていきたいと考えている。
より良い学校運営のため、真摯に学校関係者の皆様から頂いたご意見を受け止め、今後の学校運営に活かしていくとともに、本校の教育理念に沿った、質の高い卒業生を看護師として輩出し、地域に貢献していけるよう努めていきたいと考えている。