先輩からのメッセージ

2015年度看護学科3年課程卒業生

2015年度看護学科3年課程卒業生

学校での思い出としてクラスのみんなと勉強をしたこと。切磋琢磨し寝る間も惜しみ勉強したことは忘れません。三年生になり全学年揃って喜んだが御役御免な雰囲気。その雰囲気がより一層勉強に対する意欲を駆り立てました。 一期生だったため今のように文化祭やボランティア活動や地域での発表会はありませんでしたが行事に参加すると楽しそうです。たくさんの専門学生が入学し地域を盛り上げてくれることを祈っています。

看護師となった今でも勉強は付き物。患者の状態を把握し看護することの難しさ、学生の時には味わえない臨場感があります。一つ一つに知識と経験が伴います。楽しい反面しんどいです。全部まとめて看護師の面白いところだと思います。これから医療が進歩していきますが自分自身も進歩しながら成長していこうと思います。

愛媛労災病院 前田 智郎

2016年度看護学科3年課程卒業生

2016年度看護学科3年課程卒業生

私は東城看護専門学校を選んで良かったと思っています。思っていたより勉強ばかりであきらめそうになったこともありましたが、周りにはいつでも私たちの味方になってくれる先生達、同じ目標に向けて頑張れるクラスメイトがいてくれました。今ではそれぞれ頑張っている場所は違いますが、看護師として頑張れています。実際に看護師として現場で働くことは大変なこと、辛いことも多いですが、自分が憧れてやっとなれた看護師として働けていることはとても嬉しいことです。学校で出会えた仲間と支え合いながら、患者さんの笑顔に元気をもらいながら困難も乗り越え、日々楽しく過ごすことができています。良き出会いの中で看護師になることができて、東城看護専門学校を選んで本当に良かったと感じています。

住友別子病院 近藤 奈津美

2016年度看護学科3年課程卒業生

2016年度看護学科3年課程卒業生

東城看護専門学校での3年間はあっという間でした。私は勉強がとっても苦手でしたが、実習がとても好きで、毎日患者さんに会うのが楽しみでした。

国家試験の勉強も先生方がつきっきりで指導してくれたり、土日も出て来て教えてくれたり本当に自分たちの事を一番に考えてくれる先生ばかりでした。

今、就職してからも毎日楽しい日々を過ごしています。怒られることもあるけれど、学生時代の友人と話をしたりして、支えあいながら毎日頑張っています。

東城看護専門学校でたくさんのことを学べて現場の楽しさを知ることができました。

香川労災病院 塩崎 あさか